IoT通信プラットフォーム センスウェイ

センスウェイはグローバルでオープンな無線規格である
LoRaWAN™による全国サービスを開始します。

NEWS

  • 2017.11.22 Facebookページを開設致しました。特設ページを開設致しました。
  • 2017.11.08 柏の葉IoTハッカソンの特設ページを開設致しました。
  • 2017.11.08 センスウェイは本日から11月10日まで幕張メッセにて開催されるJapan IT Week IoT/M2M展 秋 に出展しています。
    7ホール19-30ブースにぜひお立ち寄りください。

LoRaWANの特徴

ビックデータ

1度に242バイトの双方向通信

低消費電力

ボタン電池1個で双方向通信

長距離通信

見通し100km以上の双方向通信

室内でも利用可能

室内ゲートウェイで隅々まで双方向通信

基地局の接続数

数千デバイスの双方向通信

ノイズに強い

電波干渉のある工場でも双方向通信

センスウェイのサービス概要

センスウェイの LoRaWANサービスはとてもシンプルです。ユーザのLoRaWANデバイスと全国の基地局との間で、双方向通信を行います。ユーザはインターネットを通じてセンスウェイのLoRaWANサーバとIoTセンサーデータの双方向通信を行うことができます。

センスウェイのサービス料金

センスウェイの料金体系はシンプルでリーズナブル。1デバイスあたり月額30円から利用可能。
しかも送信できるデータ量は1回、最大242バイト。

LoRaWAN™の性能実証

国内最大飛距離達成

富士山の五合目から千葉県柏市の柏の葉キャンパスの基地局まで 123.43km のデータ送信に成功しました。

相模湾をカバー

江ノ島の海の家に LoRaWAN基地局を設置、湾内で測定を行いました。熱海まで 44.32km 通信可能でした。

大容量データ通信

LoRaWAN™ の特徴として242バイトまでのデータを送受信できることがあります。柏の葉キャンパスの実証実験では、2km以上離れたところから242バイトのデータ通信に成功しました。

LoRaWANのデータレート
DR2 = 11バイト
DR3 = 53バイト
DR4 = 125バイト
DR5 = 242バイト

長距離・大容量データ通信

東京・台東区のタワーマンションから26.17km離れた柏の葉キャンパスまで242バイトのデータ通信に成功しました。

ユースケース

省電力・長距離・双方向通信のLoRaWAN™ は様々なシーンで活用できます。

自動販売機

1度に242バイトの双方向通信で自動販売機のデータ送受信に対応

電光掲示板

1度に242バイトの 双方向通信で 電光掲示板の データ受信に対応

マンション

隅々まで届くLoRaWANの電波で 防災・防犯センサー設置して安心・安全

エレベータ

1度に242バイトの 双方向通信で エレベータのデータ送受信に対応

IoT Hackathon Project

東京・本郷~柏~つくば地域を結び、柏の葉キャンパスを中心に過去最大規模のIoTハッカソンを開催。
IoTを核にした地域振興プロジェクト

IoT Hackathon Projectの詳細はこちら

会社概要

  • 会社名 センスウェイ株式会社 (英語表記)SenseWay, Inc.
  • 住所 東京都中央区日本橋本町4-8-16 千城ビル 9階
  • 電話番号
  • 資本金 1億円(資本準備金含む)
  • 役員 代表取締役:信藤 薫
    専務取締役:神保 雄三
    取締役:後藤 富雄
    社外取締役:村井 勝
    監査役:藤川 務
  • 顧問法律事務所 TMI総合法律事務所

お問い合わせ